ほうれい線、ゴルゴライン・・・悩みの種ですよね

もうすぐ秋も終わり、寒い寒い季節がやってきます^^;皆さんは冬に向けて念入りなスキンケアをしていらっしゃいますでしょうか?スキンタイプが乾燥や敏感な方だと、冬は実にしんどい季節だと思います…。

最初に肌のお手入れの最大のポイントが「保湿」にあります。
様々なところで聞いているとは思いますが、冬場は特別保湿に努めましょう。寒さでお肌が冷たくなりすぎるのを防ぐために、例えばマスクやマフラーで顔を覆ってしまったり、スポーツで汗を流すのも効果的です。

さらに化粧水を”弱酸性”のものにするとより効果的です。

今年の冬は陶器のように美しく肌を目標に努力しませんか?長年愛用してきたメイク落としはオイルタイプでした。

オイルがもっとも洗浄力が強く綺麗さっぱり洗い上げてくれるという思い込みからでした。思惑とは裏腹に、オイルクレンジングでは過剰に皮脂を洗い流してしまうため肌が乾燥しがちな私には向いていないと知り、洗浄力の優しいジェルを使用するようになりました。その結果、程よく皮脂が分泌されてきたのかヒリヒリとつっぱっていた顔も潤いを感じるようになりました。

顔がカサついて仕方ないという方は洗顔料を変えてみるのもいいかもしれません。特に効果を得られたのは、顔の筋肉のストレッチとトレーニングです。顔のお肌の老化防止には、衰えの現れてきた表情筋の筋トレにより、顔の表面に現れたしわを改善しツヤも再び戻ってきたように感じます。顔の筋肉をそれぞれ意識することで、より効果的なトレーニングを積むことができました。アンチエイジングは顔や首といった人目につく部分のシワをいかに薄くするかが重視されると思います。
顔の表情筋を鍛えると、たるみ肌の解消や肌にハリが生まれシワを薄くすることができます。特別な道具を必要としないので「そうだ!」と思い立ったらいつでも気軽にできるのが、このトレーニングの良いところですよね。

私の場合は産前ではなく産後から、顔中にニキビのようなものが広がってしまいました。

話には聞いていた産後の体質の変化ですが、私はそうはならないだろうと勝手に思い込んでいたのでとても驚きました。

赤ちゃんは母乳のみを与えていたので使用する薬の成分によっては赤ちゃんに影響が出てしまうので、たっぷりと保湿して肌の状態を整える事にしました。
赤ちゃんのお世話で大変ですが、保湿だけは忘れずに毎日続けたところ、顔いっぱいに広がっていたポツポツがちょっとずつなくなってきました。
スキンケアは習慣として行っていますが、その中でも特に保湿は大事だと思っています。お風呂からでるとすぐに化粧水をお顔にパシャパシャと、これでもかとなじませます。

それからしっかりと、化粧水で整えた肌に美容成分の入っている乳液を塗ることで肌から水分を逃しません。何年も変わらずに使用しているのが、ヘチマ水。
お値段も安いのでパシャパシャとたくさん使っても気になりません。顔はもちろん、首、そして胸元まで使用します。

お肌のトラブルはこのケアを続けるようになって以来、まったくありません。
妊娠~産後にかけてはホルモンバランスが崩れて肌質の変化が見られる事も少なくありません。

今までは乾燥なんて気にもならなかったのに突然乾燥肌になった、シミが目立つようになってしまった…。

そうであれば、ケアもお肌の状態に応じてしっかりと行っていきましょう。
つわりなどでしんどくなかなか動けない…。そんな時に絶対に無理をするべきではありませんが、シミが増えてしまったかもという方は、ずっと家の中にいても、それが冬でなくても日焼け止めを使うようにするとシミができにくいのでぜひ塗るようにして下さい。

いつまでも肌のハリや弾力は若々しいままでいたいものですが、残念なことにそれらは年齢とともに失われるものです。エイジングケアを開始する年齢には個人差がありますが、ケアを開始しても目に見える効果を得るには時間がかかるため、早いうちからケアを開始することが若々しい肌を維持する肝になります。
日頃使用している化粧水などをエイジングケアに特化したものに変更したり、たるみやシワ対策のハンドマッサージや乾燥対策のコットンパックで通常のケアに一手間加えるなど、意識して継続的に行うことがハリやツヤのある美肌の維持に繋がります。すでにシワやたるみがあるという方も、諦めずに改善を目指しましょう。いくつになっても若くありたいという気持ちが、意欲的にエイジングケアを続けさせるのです。

私のケースですが、妊娠している時には乾燥肌や敏感肌に肌質が変化しなかったので、スキンケアはいつも通りに行っていました。ですが、赤ちゃんが生まれてからは毎日お世話が忙しく、夜は授乳や夜泣きで頻繁に起こされるので睡眠不足になりスキンケアにまでエネルギーを使えないことが増えてしまったので、パパッとお手入れを終わりにできるオールインワンタイプのケア化粧品がメインになりました。

。さらに、付けながら家事などをしていられるシートマスクも頻発に使っていました。妊娠してお腹が大きくなるにつれて妊娠線ができてしまうのではと気になってしまう方も多いと思います。
妊娠線対策にはとにかく保湿が大切です。
いろんな種類の妊娠線クリームが販売されていて、ホルモンバランスの崩れている肌でも使える低刺激なものになっていて悪い成分が入っていないので安心して使用できます。
使用する際にはお腹周りの他にも、お尻や太ももなど意外と妊娠線ができやすい場所もあるので、保湿ケアを身体全体に施すようにすると妊娠線が広範囲でできてしまうのを防ぐことができます。毛穴が詰まっている感じがする時、汚れが落ち切っていないかもしれません。

毛穴がよく詰まります。

クレンジングで洗い切れていないと便利なのがベビーパウダーなのです。キチンと洗いきるためにベビーパウダーの使用が効果的です。

少しの量のベビーパウダーを洗顔に混ぜて、しっかり泡立ててから顔を洗うと、ベビーパウダーがスクラブの働きをしてくれて、汚れをきれいさっぱり落としてくれます。
ほうれい線対策になる化粧品ランキング

コラム

Posted by 管理人


PAGE TOP