ベビー用洗剤って安くてもいいですよね?

妊娠中は体重増加しやすい為、無理のない範囲で適度な運動をする事が肝心です。

体の調子が良ければ散歩の距離を伸ばすなど軽く体を動かすと良いですよ。スポーツクラブなどでマタニティビクスを楽しむのもお勧めです。
しかし運動が必要といっても、無理な運動を行ってはいけません。

「疲れた」とか「体調が悪い」といつもと違う感じがしたら、しばらくは運動を中止して体を休ませましょう。心身ともに無理のないくらいの軽度な運動を行うことがお勧めです。妊娠中に大切にすることはいくつかある。

常にお腹を冷やさないように注意すること、重いものを持ったり、高い位置に置いてあるものに手を伸ばさないこと。

程ほどの運動は良いが思いっきり走ったりしないこと、朝寝坊、夜更かしを控えて生活リズムを整えること。
どれも妊娠中は誰もが注意されることだが、一番言ってもらってよかったと思うことはこれである。

お腹の中の胎児に、普段から優しい言葉をかけてあげること。

優しい言葉は優しい人間を作る、嫌な言葉は嫌な人間を作るこの言葉は産後もずっと忘れてはならないものであるおなかに赤ちゃんがいるときは、妊娠前の身体とは別物だということを理解しなくてはなりません。お腹の小さな妊娠初期は、目立った変化が無いので妊娠する前と同じ感覚で動きがちです。

ですが、この時期は胎児の身体の基礎となる大切な部分が出来上がる重要な時期ですから、体調が良いからと絶対に無理はしないでください。

心身ともにのんびり過ごし、少しでも違和感のある時は休養をとることが大切です。

妊娠初期はお腹がでてないので妊婦と分からず、自分から申し出ない限り他人からの手助けは得られません。妊娠初期は体調が優れないのに頑張りすぎると、貧血を引き起こしたり、出血したり、最悪、赤ちゃんが流れてしまうこともあり得ます。

仕事や家のことがうまく出来なくても、「今は休むとき」と自分自身を責めず割り切ることも必要です。妊娠中期になると、不調だった初期の時期が嘘のように思えるでしょう。手助けをしてくれた人に感謝の思いを持ち、出来るようになってからやれば良いと思います。
妊娠中はホルモンに変化が起こるため精神的に不安な状態に陥りやすく、日頃よりリラックスできるよう工夫することが重要です。

ですが、運動といい食事内容といい、妊婦さんにとって気を配るべきことが多く、それだけで大変ですよね。思いきって、クラシック音楽鑑賞や読書にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
お母さんが教養をつけることは将来生まれるベビーの教育の第一歩になります。試にすこしずつ始めてみてはどうでしょう。

妊娠も35週目に入ると、妊娠後期ももう中頃となり、あと4週で出産を迎えるような時期です。また、妊娠初期から身体は妊娠をお腹の中で育て守るための身体でしたが、これからはいつでも出産できるようにと妊婦の体が少しずつ変化してくる時期となります。なので、体に負担を掛けてしまうと、早産の危険性が高くなります。友人の経験談で、妊娠したら妊娠線が出来ると聞いて、怖くなり色々と調べました。保湿することが大切と知り、安定期を過ぎると保湿力が高いクリームを必死に塗り続ける日々でした。一日のうちに何度も塗り直すようにしていました。結果的に何個のボディクリームを使ったか分からないくらい使いました。自分好みの香りの保湿クリームを塗ることで精神的にも良い効果がありました。
その効果もあり、二人出産しましたが、全く妊娠線は出ませんでした。

妊娠中はなぜか甘いものが欲しくなります。実際、これまで特に欲しいとも思わなかったパフェやアイスクリームが毎日でも食べたくなりました。

ただ体重管理も必要です。少し運動してから間食するようにしていました。

体重維持と安産を実現するために毎日目標一万歩歩いていました。ただ歩きすぎも早産などのリスクを高めてしまうので、無理はしてはいけません。切迫早産で入院すると、絶対安静であることが必須です。

一日中点滴をし、食事、入浴、トイレ以外はベッドの上で過ごします。
また点滴(ウテメリン)には副作用があり、手の震えや動悸、そして息が上がりやすくなりました。少しずつマシにはなっていくのですが…。

入院している間は本当に暇を持て余すので、大人向けの塗り絵、あみもの、パズル等で気を紛らわせていました。チェッカーに縦線が出てきた時は歓喜の言葉しか出ませんでした!でも、喜んだのもつかの間、その1週間後からつわりのスタート来る日も来る日もトイレと布団を行ったり来たり、会社にもいけず、何も食べれない日が続きました。ベビー用洗剤 おすすめ
3週間程度のことでしたが、あの頃は毎日が本当にしんどかったです。

その後はつわりも軽くなったので葉酸サプリを積極的に飲んだり、妊娠線防止でクリームを塗ったり分娩の時に会陰を切られてしまうことに恐怖心もありましたが楽しくお腹の赤ちゃんと過ごすことができました。

コラム

Posted by 管理人


PAGE TOP